親しき仲にも借用書あり


借用書・公正証書の作成


〜友達・同僚・元彼・元婚約者・親戚〜

借用書・公正証書作成 専門サイト



事務所概要

依頼後の流れ

誤解だらけの借用書

親しき仲にも書面あり

親しき仲にも担保あり

親しき仲にも催促あり

親しき仲にも執行あり

親しき仲にもルールあり

公正証書作成の手引き

親子間の金銭消費貸借or贈与

金銭債権の相続

利息について

遅延損害金について

収入印紙について

消滅時効の中断

割印・契印・捨印・訂正印・消印

関連用語解説

個人情報保護

サイトマップ

料金

メールフォーム



安心と信頼の証

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

グローバルサイ
ンのSSLサーバ
ー証明書により
運営者情報が
認証されてます




   



このエントリーをはてなブックマークに追加



借用書を作ること
自体は目的ではありません


目的は、あくまで
お金を返してもらうことです


隙だらけの書面を
作って後悔しないために






これから友人・知人に
お金を貸してあげる予定の方



もう貸してしまったけど
契約書がないと悩んでいる方



一人で悩まないで下さい


勇気を持って
一歩前へ踏み出しましょう!


諦めたらそこで試合終了です



【書面作成の意義】



 知人間での借金は


踏み倒されてしまう
ケースが非常に多いです!

 
なぜなら、知人間での借金は、内容の整った書面を作成せずに 貸してしまうことが多いからです。


 また、作成したとしても返済に効果的な規定も定めず、簡素な雛形を写しただけで終わっているのも原因の一つです。


 さらに、口約束だけで、多額のお金を貸してあげることは、相手にとっても決して良いことではありません。


 相手は物事を安易に考え、かえって色々な人から借金を重ねてしまうケースが多いからです。


 あなたの誠意が、相手にとっても、あなたにとっても不幸な結果になることは悲しいことですよね。



そのような事にならないよう



最低限、書面は作って下さい



しかし、書面を作っても
隙だらけの書面では困ります




隙のない書面を作るには
プロの知識と経験が必要です




個々の状況に合った
隙のない書面の作成は



将来貸金を回収する時の



「転ばぬ先の杖」です!
 


借用書の書き方アドバイザー画像 行政書士は、書面作成及びその相談を主な業務としております。

 行政書士が、貸金回収の代理交渉を行い成功報酬を受け取ることは、
法律上禁止 されております。

 ですから、当事務所は書面作成サポート料金及びその相談料のみを頂いております。

 また、当サイトは、ホームページ作成業者には依らず、コンテンツは私自身の言葉ですべて発信しております。

 ですから、集客を意図した
誇大表現は一切せず、正確で役に立つ情報 のみを発信するように日々努めております。

 当事務所は、あくまで
コンプライアンス及び職業倫理を遵守した適正な事務所運営を心がけております。



各種サポートコースのご案内

各種サポート料金表


【借用書 作成コース】
こちらのコースは、ご依頼を受けた後、書面作成に必要な事項につき当職が依頼者様に 質問メール をし、書面作成を代行するコースです。


依頼者様は、
ご在宅のままメール等で質問に答えて頂くだけです。


依頼者様からの質問にはすべて、迅速・丁寧に回答させて頂きます。


頂いた情報をもとに、個々の法的状況に最適な書面を作成し、迅速に郵送致します。お急ぎの場合は、PDFファイルでの納品も可能です。


当事務所が作成する書面は、借主が一方的に差し出す単なる「念書」ではなく、双方が署名・押印する「正式な契約書」になります。


また、書面の表題も「借用書」という表題は使わず、法的実態に合わせた表題を選択させて頂いております。


【付属書類】

 付属書類として、支払が滞った場合に取りうる各種法的措置について紹介した冊子をお付けいたします。


point なお、当事務所が便宜上「借用書」と称している書面は、「金銭消費貸借契約書」「債務承認弁済契約書」といった両当事者が署名・押印する「正式な契約書」を指しております。




【借用書 診断コース】
こちらのコースは、 お手元にある借用書等の書面をメール添付またはファックス等で送信して頂き、当職が内容を診断し添削結果をメールでお伝えするコースです。


ご自身で借用書等を作成される場合は、ご自分では気づかないミスをしていることが非常に多いです。


専門家の有料の診断を受けることで、修正箇所や追加箇所が多数見つかることが多いです。


送信の際、金銭の授受等の経緯や一部弁済の有無等の状況の具体的な説明を添えてくださると、より緻密な診断も可能となります。


送信頂いた書面の内容を、当職が吟味し、法的問題点はないか、修正または追加した方が良い条項はないか、法的表現は適切か等を丁寧にチェックし、診断結果をメールにて報告致します。


修正箇所や追加箇所については、どのような表現の条項に修正すべきか、またはどのような条項を追加すべきかまで明確に提示いたします。


診断結果の納品は、ご希望により PDFファイル、wordファイル、メール本文への直接貼り付け など選択可能です。


【付属書類】

point 付属書類として、支払が滞った場合に取りうる各種法的措置について紹介したPDFファイルをお付けいたします。

 

【公正証書の意義】


公正証書謄本

公正証書とは、両当事者(代理人も可)が一緒に公証役場へ出向いて、当事者が合意した内容を基に公証人に作成してもらう書面のことをいいます。

「貸付け金額が大きい場合」で 「借主の協力が得られる場合」には、「執行認諾約款付の公正証書」にしておくことをお勧めします。

「執行認諾約款」を付けて公正証書にしておくことで債務不履行があった場合、裁判等をしなくても強制執行が可能となりますので、より心強い武器となるでしょう。

公証役場への出頭の際は、あらかじめ吟味された
公正証書原案(合意書)を作成して持参することが賢明です。

公正証書原案を持参することで、よりスムーズに手続が進み、より短時間での公正証書作成が可能となります。


point なお、公正証書についての詳しい解説は、「公正証書作成の手引き」 をご参照ください。



【公正証書原案作成コース】
こちらのコースは、当事務所が 公正証書原案(合意書)を作成し郵送するコースです。お急ぎの場合はPDFファイルやwordファイルでの納品も可能です。


両当事者様が、公正証書原案を持参し公証役場へ出頭して頂きます(代理人が出頭して作成することも原則的に可能とされております)。


ご自身で、出頭し作成手続きを行うことで、
より安い費用で 公正証書を作成することができます。


内容の整った公正証書原案 を公証人に渡すことで、公正証書にしたい内容および事案の概要は明確に公証人に伝わりますので、手続きは非常にスムーズに進みます。


公正証書原案の作成は、メール等でのやりとりで内容を確定し、作成致しますので、当事務所への来所や面談は不要です。



公正証書は代理人が出頭して作成することも原則的には可能ですので、委任状もサービスでお付けしております。


【付属書類】

point 付属書類として、公証役場出頭時の
注意事項および代理人用の委任状をお付けいたします




【公正証書原案診断コース】
ご自身で公正証書原案を作成される場合は、ご自分では気づかないミスをしていることが非常に多いです。


こちらのコースは、お客様がお作りになった公正証書原案を診断し、結果をメールでお伝えするコースです(ご希望により PDFファイル、wordファイル、直接貼り付け などで送信)。


お申し込み後、 お手元にある公正証書原案をメール添付またはファックス等で送信して頂きます。



お手元の原案送信の際、金銭授受の経緯や一部弁済の有無・状況等の説明を添えてくださると、より緻密な診断が可能になります。


公証人は公平・中立な立場で公正証書を作成する立場にありますので、どちらかに有利となる誘導は基本的にはしてくれません。


公証役場へ出頭する際は、あらかじめ専門家のチェックを受けた公正証書原案を持参することをお勧め致します。


【付属書類】

point 付属書類として、公証役場出頭時の
注意事項および代理人用の委任状のPDFファイルもお付けいたします(ご希望があれば郵送も可)。



 【公正証書作成フルコース】
こちらのコースは、当事務所が公正証書原案および委任状の作成から、公証人との打ち合わせ、公正証書の完成、送達証明の交付、単純執行文の付与までをフルサポートするコースです。


当職及びこちらで用意した者が 代理人 となり、公正証書原案と委任状を持って当事務所最寄の公証役場へ出頭して公正証書を作成いたします。


委任状には、必ず
実印 を押印していただきますので 印鑑証明書 も提出していただく必要があります。



公正証書作成フルコースは、実印や印鑑証明書のご用意、特別送達された謄本の受取り等 債務者様のご協力が必要不可欠 になります。

 ですから、こちらのコースは、
債務者様のご理解 が得られてからお申込みください。



ご依頼・お問い合わせ

メールフォーム
メール


【今月の格言】

人生のバッターボックスに立ったら、見送りの三振だけはするな(小林繁) 



2015. 4. 19 更新

Copyright© 2011-2015 Yoshino Gyouseisyoshi Office. all rights reserved