親しき仲にも借用書あり


借用書・公正証書の作成


〜友達・同僚・元彼・元婚約者・親戚〜


個人間の金銭借用書・公正証書作成 専門サイト


 

事務所概要

依頼後の流れ

誤解だらけの借用書

親しき仲にも書面あり

親しき仲にも担保あり

親しき仲にも催促あり

親しき仲にも執行あり

親しき仲にもルールあり

公正証書作成の手引き

親子間の金銭消費貸借or贈与

金銭債権の相続

利息について

遅延損害金について

収入印紙について

消滅時効の中断

割印・契印・捨印・訂正印・消印

関連用語解説

個人情報保護

サイトマップ

料金

メールフォーム




いつのまにか、借用書を作る事
自体が目的になっていませんか?


目的は、あくまで
お金を返してもらうことです


隙だらけの借用書を
作って後悔をしないために






友人・同僚・親戚等にお金
を貸してあげようとしている方



お金を貸してしまったけど
借用書がないと悩んでいる方



一人で悩まないで下さい


勇気を出して一歩
前へ踏み出しましょう!


諦めたらそこで試合終了ですよ



借用書作成の重要性



 知人間での借金は、


踏み倒されてしまう
ケースが非常に多いです!
 なぜなら、知人間での借金は、書面を作成していない ことが多く、作成したとしても 効果的なペナルティも決めず に簡単な雛形を写しただけで済ませることが多いからです。


 効果的な書面がないまま相手に「そんな約束をした覚えはない」と無視されてしまえば事実は藪の中です。


 後々 法的手段を取るにしても、裁判所に主張を認めてもらうには、書面による証拠の存在が重要になります。


 また、口約束だけで、多額の金銭を貸してしまうことは相手にとっても決して良いことではありません。      


 相手は物事を安易に考え、かえって色々な人から借金を重ねてしまうケースが多いからです。           


 あなたの 誠意 が、相手にとっても、あなたにとっても不幸な結果になることは悲しいことですよね。        
そのようなことにならないよう



最低限、借用書は作って下さい



しかし、借用書を作っても
隙だらけの書面では後悔します




隙のない借用書を作るには
専門家の知識と経験 が必要です




あなたから お金を借りている
人は、他からも借金をしています


あなたへの返済がいつまで
たっても後回しにされないように



当事務所の各種コースのご案内

【借用書等作成コース】
ご依頼を受けた後、当事務所から質問メールを送信いたします。


依頼者様はご自宅にいながらメールで質問に答えて頂くだけです。もちろん、依頼者様からのご質問にはすべて、迅速・丁寧に回答させて頂きます。


依頼者様から頂いた情報をもとに、法的状況に適した書面を作成いたしますので、表題も「借用書」ではなく、適宜 法的状況に合わせた表題を選択させていただくことになります。


当事務所で作成する書面は、借主が一方的に差し出す「念書」ではなく、双方が署名・押印する「正式な契約書」になります。


※ 当事務所は借用書等の契約書作成に特化した事務所です。知識と経験をもとに細部にまで配慮した契約書の作成を心がけております。


【サービス特典】

サービス特典として、支払が滞った場合に、その後に取りうる各種法的手段について解説した冊子を進呈させて頂いております。




【借用書等 添削コース】
お手元にある借用書等の書面の内容に不安がある方は、「借用書等 添削コース」 で専門家のチェックを受けてみてはいかがですか。


こちらのコースは、お申し込み後、こちらが指定するアドレスの方へ、 お手元にある借用書等の書面をメール添付(ファックスも可)して送信して頂きます。


送信の際、金銭授受の経緯や状況などの説明を添えてくださると助かります。


送信頂いた書面の内容を、当職が添削し、法的問題点はないか、修正又は追加した方が良い条項はないか、法的表現は適切か等を丁寧にチェックし、メールでアドバイスするコースです。


【サービス特典】    

サービス特典として、支払が滞った場合、その後に取りうる各種法的手段について解説したPDFファイルをメール添付いたします。

 
【公正証書作成の意義】
 貸付け金額がある程度大きい場合、合意事項を、「執行認諾約款付の公正証書」にまでしておけば、金銭債務に不履行があった場合、裁判をしなくても強制執行が可能 となり心強いでしょう。

 公正証書とは、両当事者(代理人でも可)が、公証役場へ出向いて、公証人に作成してもらう書面をいいます。

 公正証書についての詳しい解説は、
「公正証書作成の手引き」 をご参照ください。

 公証人は中立な立場ですので、どちらか一方に有利な誘導等はしてくれません。

 ですから、こちらがしたい主張は、事前に吟味した上で、あらかじめ
公正証書原案(合意書)として作成して持参することが、肝要です。

 公正証書原案を持参することで、よりスムーズに手続が進み、より短時間での公正証書作成が可能となります。




【公正証書作成ハーフコース】
こちらのコースは、当事務所が 公正証書原案(合意書) および 委任状 を作成代行するコースです。 各種 注意事項等 も送付致しますのでご安心下さい。


両当事者が、公正証書原案を持参して、公証役場へ出頭していただきます。


当事者が、ご自身で、作成手続きを行うことで、
より安い費用で 公正証書を作成することができます。


内容の整った公正証書原案(合意書) を持って行けば、公正証書にしたい内容および事案の概要は明確に公証人に伝わりますので、手続きは非常にスムーズに進みます。              


公正証書は代理人が出頭して作成することも可能ですので、委任状も人数分お付けいたします(委任状には実印を押印し印鑑証明書の添付が必要です)。

 なお、当事者は相手方の代理人にはなれません。


公正証書原案の作成は、メール等でのやりとりで内容を確定し、作成致しますので、当事務所への来所や面談は不要です。    




【公正証書作成フルコース】
こちらのコースは、当事務所が公正証書原案および委任状の作成から、公証人との打ち合わせ、公正証書の完成、送達証明の交付、単純執行文の付与までをフルサポートするコースです。    


当職及びこちらで用意した者が 代理人 となり、公正証書原案と委任状を持って当事務所最寄の公証役場へ出頭して公正証書を作成いたします。 


委任状には、
実印 を押印していただく必要があります。

 ですから 印鑑証明書 も提出していただく必要があります。




【公正証書原案添削コース】
 こちらは【借用書等 添削コース】と同様の内容になります。


 公証人は公平な観点から証書を作成する立場にあります。どちらかに有利となる誘導は基本的にはしてくれません。

 ですから、貸主は、隙のないよう あらかじめ吟味した原案を持参することをお勧めします。




 初回メール相談は無料です。
お気軽にご相談下さい。

2回目以降は有料となります。



メール



借用書の書き方アドバイザー画像 行政書士は、貸金回収の代理交渉を 行うことは、法律上禁止 されております。

 ですから、行政書士は、
書面作成サポート料金および相談料のみを頂いております。

 当事務所は、
コンプライアンス および 職業倫理 を遵守し専心専意 業務にあたることを心がけております。


【今日の格言】

 人生の半分はトラブルで、あと半分はそれを乗り越えるためにある。(八月の鯨)


 
はてなブックマークに追加





2014. 10. 25 更新

Copyright© 2011 Yoshino Gyouseisyoshi Office. all rights reserved